【モンスト】神獣・吹き荒ぶは神速の風刃【2】

神獣の聖域 吹き荒ぶは神速の風刃【2】

 BOSS:韋駄天進化

出現ギミック

ワープ
減速壁
エレメントエリア
味方キューブ状態
撃種変化パネル
ビットン
蘇生(ゾンビ、)
伝染霧(ゾンビ、壺)
クロスドクロ(ステージ4ツァイロン:即死攻撃)
ドクロマーク(韋駄天の防御ダウン)
敵呼び出し(ステージ5、ボス2:韋駄天がゴリラ呼び出す)
HP回復(ゴリラ)

クエスト詳細

雑魚属性:
ボス属性:
ボス種族:ロボット族
スピクリ:33ターン

適正キャラ一覧

ロシーダ(進化)
[反射/パワー/聖域の狩人]
AW/神獣スレイヤー
アンチ減速壁
[評価POINT]
:ツァイロン2に於いて一強
:SSが雑魚処理に便利

攻略のコツ

*適正キャラはロシーダ一択なのでプレイヤースキルが問われるクエストです。

*常に配置と友情コンボ、直殴りで地道に突破しないといけない。

*ボスに対しては貫通変化SSを使って弱点を往復するようにしないとダメージが稼げません。

*不安なら紋章を使ってでも挑んで良いですが、英雄の証を使って実をつけるならガラゴーラの運極周回に繋がります。
(但し、英雄の証の使用は勿体無いのでオススメはしません)

モンスト 神獣の聖域 ツァイロン2 【りおちー】

攻略解説

ステージ1

*動くキャラ以外キューブ状態(ブロックと同様、仲間のすり抜け不可能)

*壺は友情コンボしかダメージを与えれない。

*1Pと2Pで左右にハマって配置して、3Pで1Pか2Pとゴリラの間に挟まって処理する。

ステージ2

*各色のネクロマンサーがそれぞれ相互蘇生のペア。

*次のマップに向けて左右中央に配置する。
次のマップの中央にゴリラが1体、それを囲むように壺が8体いるので配置しないと突破はほぼ不可。

*全キャラエレメントエリア内に居る状態で突破しなければならない。
基本的には薄い角度で配置を意識しながら7ターン以内に突破する。

ステージ3

*壺8体は全て相互蘇生のペア。
壺は友情コンボしかダメージを与えれない。

*ゴリラは毎ターン回復するので壺8体同時処理してから直殴りと友情でゴリラのHPを削りながら8ターン以内に突破する。

↑青色の枠内に1体ずつ配置して突破できれば次のマップが立ち回りやすい。

ステージ4

*上下のネクロマンサー2体の間に挟まってそれぞれ同時処理してからエレメントエリア内に配置できたロシーダの
友情コンボで壺を同時処理する。

*雑魚全処理後、クロスドクロ発動でツァイロンの即死攻撃を受けてHP0突破となる。

ステージ5

*ゴリラのドクロマークは中ボスが2ターンの間防御ダウンする。

*撃種変化パネルを踏んで貫通タイプになってボスの弱点を殴っていく。

*上下2体ずつ配置出来ればボス1戦目の雑魚処理が楽になる。

ステージ6

<ボス攻撃パターン>
右 (1)→ホーミング
中央(3)→ワープ&減速壁展開
下 (1)→移動
左 (11)→毒メテオ(次のターン即死)

*上下それぞれの壺をロシーダの友情コンボで同時処理する。

*クロスドクロ発動でボスが防御ダウンする。

ステージ7-1

*ゴリラを最優先で処理してボスを防御ダウンさせる。

*ボスは移動するので壁とボスの間に挟まるか、貫通変化SSで弱点を中心に削りながら突破する。

*必ず上下2体ずつ配置して突破する

ステージ7-2

*ボスの弱点とビットンの間に挟まれば大ダメージを与えることができる。

*配置の良さもあるが大よその当たり判定を理解していなければならない。

ステージ8

*上下合わして4体全てがそれぞれ相互蘇生のペア。
配置したロシーダの友情とSSを使って雑魚処理する。

↑2Pのように配置を動かしたくない場合は横カンしてハンドスピナーだけ処理して配置を崩さず次のキャラに当たってもらう。

↑次3Pで上側の4Pと先ほど横カンだけした2PにSSを使って当たりに行く。
元々、ロシーダは足が遅いので貫通変化SSで確実に触れれるように動く。

コンテンツ

猛火逆巻く灼熱の焦土【1】 魔を滅せし金剛の裂光【3】 無窮の神地【4】

ツァイロン・エリア関連記事

リルディ【1】
撃変鳥瓜の広間
リルディ【2】
弱封虐忍の広間
リルディ【3】
宿運の広間
パンニ【1】
天宇軌跡の祭壇
パンニ【2】
共命夢呑の祭壇
パンニ【3】
宿運の祭壇
ロシーダ【1】
爆襲盾の地
ロシーダ【2】
挟舞剣の地
ロシーダ【3】
宿運の地
アスト【1】
状異雑音の路
アスト【2】
邪龍封解の路
アスト【3】
宿運の路

Twitterにて記事の更新や進捗をお知らせしてます。
フォローお待ちしております。
https://twitter.com/@last0015

YouTubeチャンネル(りおちー)
記事が落ち着き次第、動画にて様々なコンテンツを進めたいと思っております。
http://www.youtube.com/channel/UC6KvC_WDiyNOPTpGBAYskyw

Follow me!

コメントを残す