【モンスト】神獣・万却の神地 攻略【4】

@りおちーモンスト攻略サイト

【モンスト】神獣・万却の神地 攻略【4】

【記事の内容】
神獣・万却の神地【4】ガラゴーラの攻略解説の記事です。

神獣の聖域:万却の神地

クエスト詳細内容

クエスト詳細

雑魚属性:
ボス属性:
ボス種族:神獣
スピクリ:45ターン

出現ギミック

減速壁
ブロック
ルーペ(ボス防御ダウン)
属性効果アップ
ドクロマーク(ネクロマンサー:敵配置変更)
ドクロマーク(ゴリラ:ルーペ呼び出し)
クロスドクロ(中ボスの配置変更)
クロスドクロ(加速壺の配置変更)

適正キャラ一覧


ゲルナンド(進化)
[反射/バランス/聖域の狩人]
AW/神獣スレイヤー
[評価POINT]
:加撃厳選+紋章極が必須
:道中の中ボスにも躊躇なくSS使うことがクリアのカギ!

ロシーダ(進化)
[反射/パワー/聖域の狩人]
AW/神獣スレイヤー
アンチ減速壁
[評価POINT]
:加撃厳選+紋章極が必須
:貫通変化SSは自走が高いのでボス戦に有効
:減速壁も気にせず立ち回れる

実際のプレイ動画

*理想の編成はゲルナンド2体、ロシーダ2体です。
ロシーダは減速壁の対応がある上に高攻撃力と自走が高い貫通変化SSが雑魚処理や防御ダウンしたボスに大ダメージを与えれます。

*加撃厳選をしていないとネクロマンサー1体倒すのにかなり苦戦します。

*全敵毎ターン回復し続けるので紋章極(最低でも上)も付けておいた方が楽に周回ができます。

モンスト 神獣の聖域 ガラゴーラ4 【りおちー】

クエスト

ステージ1

*4手固定打ち(成功率極めて低い)
ミスり続けるとゴリラの白爆発食らってステ1で負けることもザラにある。

*ネクロマンサーを処理するとゴリラがネクロマンサーの位置に移動する。

*1P
右側の雑魚の間に挟まって処理
*2P
左右どちらかの雑魚の間に挟まって処理
*3P
右側の雑魚の間に挟まって処理
*4P
左側の間に挟まって処理

ステージ2

*必ず左側の雑魚から処理する。

*次に右側の雑魚を処理しないとゴリラの配置がおかしくなり処理しずらくなってしまう。

*加撃5,000以上+紋章極ならゴリラから倒してネクロマンサー後でもいいです。

ステージ3

*左側の雑魚を最優先で処理してから呼び出された雑魚を処理する。

*ゴリラは単体、若しくは位置を調整してゴリラ同士の間に挟まって処理する。

*壺の加速を利用して中ボスの下側に入っていく。

*ピンチならSS使っても良し!

ステージ4

*一番左側の雑魚から処理してから真ん中の雑魚を倒して右の雑魚を最後に倒すのがセオリー。

*ゴリラの白爆発のターンが短いので、左側の雑魚だけ倒してからゴリラを処理してもおk

*最終的に中ボスと壺の配置を変えてから壺の加速を利用して中ボスを倒しきる。

*ガラゴーラ運極にする場合ゲルナンドに紋章極と加撃の実特L(5,000以上)が推奨ラインです。

ステージ5

<ボス攻撃パターン>
上 (1)→減速壁展開&防御アップ&回復
右上(3)→毒レーザー
右 (5)→ホーミング
中央(12)→即死

*左上の雑魚を優先して処理してからその下に居る雑魚を倒す。

*ゴリラ付近にキャラが固まっていれば先に倒しても良い。

ステージ6

*先に真ん中の雑魚を処理してボスの配置を変更させる、若しくはゴリラを先に倒しておく。

*クロスドクロの雑魚は壺の配置変更

ステージ7

*ゴリラを最優先で処理してルーペを呼び出させる。

*ネクロマンサーを処理して呼び出されたルーペをボスの真横に配置させる。

*ルーペに触れるとボスが防御ダウンするので、ボスとルーペの間に挟まる。

ステージ8-1

*先にゴリラを処理してルーペを呼び出しておく。

*ネクロマンサーを処理して、ルーペをボスの横に配置させてからSS使って間に挟まると大ダメージを与える事が出来る。

ステージ8-2

おまけ
*4Pが挟まった位置にいるのでSS使った結果、右上の画像のようにボスのHPを一気に削れる。

*ネクロマンサーは毎ターン回復しながらホーミング攻撃してくる上、加撃の実を付けていなければ処理するのに
2ターン掛かる場合があるので周回するなら加撃の実の厳選+紋章は必須。

*ボスの攻撃は大して痛くないが、壺が毎ターンホーミング攻撃が地味に痛いのでハートが沸かなければ強制的に不利な状況になる。

神獣の聖域/関連クエスト一覧

当HPにて一番読まれている記事

@りおちーが真剣に考えたモンストの真骨頂となる記事

Twitterにて記事の更新や進捗をお知らせしてます。
フォローお待ちしております。
https://twitter.com/@last0015

YouTubeチャンネル(りおちー)
記事が落ち着き次第、動画にて様々なコンテンツを進めたいと思っております。
http://www.youtube.com/channel/UC6KvC_WDiyNOPTpGBAYskyw

コメントを残す